万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集の第4巻を一覧にまとめました。

万葉集の第4巻一覧

484一日こそ人も待ちよき長き日をかくのみ待たば有りかつましじ
485神代より生れ継ぎ来れば人さはに国には満ちてあぢ群の通ひは行けど我が恋ふる君にしあらねば昼は日の暮るるまで夜は夜の明くる極み思ひつつ寐も寝かてにと明かしつらくも長きこの夜を
486山の端にあぢ群騒き行くなれど我れは寂しゑ君にしあらねば
487近江道の鳥篭の山なる不知哉川日のころごろは恋ひつつもあらむ
488君待つと我が恋ひ居れば我が宿の簾動かし秋の風吹く
489風をだに恋ふるは羨し風をだに来むとし待たば何か嘆かむ
490真野の浦の淀の継橋心ゆも思へや妹が夢にし見ゆる
491川上のいつ藻の花のいつもいつも来ませ我が背子時じけめやも
492衣手に取りとどこほり泣く子にもまされる我れを置きていかにせむ舎人吉年
493置きていなば妹恋ひむかも敷栲の黒髪敷きて長きこの夜を<田部忌寸櫟子>
494我妹子を相知らしめし人をこそ恋のまされば恨めしみ思へ
495朝日影にほへる山に照る月の飽かざる君を山越しに置きて
496み熊野の浦の浜木綿百重なす心は思へど直に逢はぬかも
497いにしへにありけむ人も我がごとか妹に恋ひつつ寐ねかてずけむ
498今のみのわざにはあらずいにしへの人ぞまさりて音にさへ泣きし
499百重にも来及かぬかもと思へかも君が使の見れど飽かずあらむ
500神風の伊勢の浜荻折り伏せて旅寝やすらむ荒き浜辺に
501娘子らが袖布留山の瑞垣の久しき時ゆ思ひき我れは
502夏野行く牡鹿の角の束の間も妹が心を忘れて思へや
503玉衣のさゐさゐしづみ家の妹に物言はず来にて思ひかねつも
504君が家に我が住坂の家道をも我れは忘れじ命死なずは
505今さらに何をか思はむうち靡き心は君に寄りにしものを
506我が背子は物な思ひそ事しあらば火にも水にも我れなけなくに
507敷栲の枕ゆくくる涙にぞ浮寝をしける恋の繁きに
508衣手の別かる今夜ゆ妹も我れもいたく恋ひむな逢ふよしをなみ
509臣の女の櫛笥に乗れる鏡なす御津の浜辺にさ丹つらふ紐解き放けず我妹子に恋ひつつ居れば明け暮れの朝霧隠り鳴く鶴の音のみし泣かゆ我が恋ふる千重の一重も慰もる心もありやと家のあたり我が立ち見れば青旗の葛城山にたなびける白雲隠る天さがる鄙の国辺に直向ふ淡路を過ぎ粟島をそがひに見つつ朝なぎに水手の声呼び夕なぎに楫の音しつつ波の上をい行きさぐくみ岩の間をい行き廻り稲日都麻浦廻を過ぎて鳥じものなづさひ行けば家の島荒磯の上にうち靡き繁に生ひたるなのりそがなどかも妹に告らず来にけむ
510白栲の袖解き交へて帰り来む月日を数みて行きて来ましを
511我が背子はいづく行くらむ沖つ藻の名張の山を今日か越ゆらむ
512秋の田の穂田の刈りばかか寄りあはばそこもか人の我を言成さむ
513大原のこのいち柴のいつしかと我が思ふ妹に今夜逢へるかも
514我が背子が着せる衣の針目おちず入りにけらしも我が心さへ
515ひとり寝て絶えにし紐をゆゆしみと為むすべ知らに音のみしぞ泣く
516我が持てる三相に搓れる糸もちて付けてましもの今ぞ悔しき
517神木にも手は触るといふをうつたへに人妻といへば触れぬものかも
518春日野の山辺の道をよそりなく通ひし君が見えぬころかも
519雨障み常する君はひさかたの昨夜の夜の雨に懲りにけむかも
520ひさかたの雨も降らぬか雨障み君にたぐひてこの日暮らさむ
521庭に立つ麻手刈り干し布曝す東女を忘れたまふな
522娘子らが玉櫛笥なる玉櫛の神さびけむも妹に逢はずあれば
523よく渡る人は年にもありといふをいつの間にぞも我が恋ひにける
524むし衾なごやが下に伏せれども妹とし寝ねば肌し寒しも
525佐保川の小石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は年にもあらぬか
526千鳥鳴く佐保の川瀬のさざれ波やむ時もなし我が恋ふらくは
527来むと言ふも来ぬ時あるを来じと言ふを来むとは待たじ来じと言ふものを
528千鳥鳴く佐保の川門の瀬を広み打橋渡す汝が来と思へば
529佐保川の岸のつかさの柴な刈りそねありつつも春し来たらば立ち隠るがね
530赤駒の越ゆる馬柵の標結ひし妹が心は疑ひもなし
531梓弓爪引く夜音の遠音にも君が御幸を聞かくしよしも
532うちひさす宮に行く子をま悲しみ留むれば苦し遣ればすべなし
533難波潟潮干のなごり飽くまでに人の見る子を我れし羨しも
534遠妻のここにしあらねば玉桙の道をた遠み思ふそら安けなくに嘆くそら苦しきものをみ空行く雲にもがも高飛ぶ鳥にもがも明日行きて妹に言どひ我がために妹も事なく妹がため我れも事なく今も見るごとたぐひてもがも
535敷栲の手枕まかず間置きて年ぞ経にける逢はなく思へば
536意宇の海の潮干の潟の片思に思ひや行かむ道の長手を
537言清くいたもな言ひそ一日だに君いしなくはあへかたきかも
538人言を繁み言痛み逢はずありき心あるごとな思ひ我が背子
539我が背子し遂げむと言はば人言は繁くありとも出でて逢はましを
540我が背子にまたは逢はじかと思へばか今朝の別れのすべなかりつる
541この世には人言繁し来む世にも逢はむ我が背子今ならずとも
542常やまず通ひし君が使ひ来ず今は逢はじとたゆたひぬらし
543大君の行幸のまにまもののふの八十伴の男と出で行きし愛し夫は天飛ぶや軽の路より玉たすき畝傍を見つつあさもよし紀路に入り立ち真土山越ゆらむ君は黄葉の散り飛ぶ見つつにきびにし我れは思はず草枕旅をよろしと思ひつつ君はあらむとあそそにはかつは知れどもしかすがに黙もえあらねば我が背子が行きのまにまに追はむとは千たび思へど手弱女の我が身にしあれば道守の問はむ答へを言ひやらむすべを知らにと立ちてつまづく
544後れ居て恋ひつつあらずは紀の国の妹背の山にあらましものを
545我が背子が跡踏み求め追ひ行かば紀の関守い留めてむかも
546三香の原旅の宿りに玉桙の道の行き逢ひに天雲の外のみ見つつ言問はむよしのなければ心のみ咽せつつあるに天地の神言寄せて敷栲の衣手交へて己妻と頼める今夜秋の夜の百夜の長さありこせぬかも
547天雲の外に見しより我妹子に心も身さへ寄りにしものを
548今夜の早く明けなばすべをなみ秋の百夜を願ひつるかも
549天地の神も助けよ草枕旅行く君が家にいたるまで
550大船の思ひ頼みし君が去なば我れは恋ひむな直に逢ふまでに
551大和道の島の浦廻に寄する波間もなけむ我が恋ひまくは
552我が君はわけをば死ねと思へかも逢ふ夜逢はぬ夜二走るらむ
553天雲のそくへの極み遠けども心し行けば恋ふるものかも
554古人のたまへしめたる吉備の酒病めばすべなし貫簀賜らむ
555君がため醸みし待酒安の野にひとりや飲まむ友なしにして
556筑紫船いまだも来ねばあらかじめ荒ぶる君を見るが悲しさ
557大船を漕ぎの進みに岩に触れ覆らば覆れ妹によりては
558ちはやぶる神の社に我が懸けし幣は賜らむ妹に逢はなくに
559事もなく生き来しものを老いなみにかかる恋にも我れは逢へるかも
560恋ひ死なむ後は何せむ生ける日のためこそ妹を見まく欲りすれ
561思はぬを思ふと言はば大野なる御笠の杜の神し知らさむ
562暇なく人の眉根をいたづらに掻かしめつつも逢はぬ妹かも
563黒髪に白髪交り老ゆるまでかかる恋にはいまだ逢はなくに
564山菅の実ならぬことを我れに寄せ言はれし君は誰れとか寝らむ
565大伴の見つとは言はじあかねさし照れる月夜に直に逢へりとも
566草枕旅行く君を愛しみたぐひてぞ来し志賀の浜辺を
567周防なる磐国山を越えむ日は手向けよくせよ荒しその道
568み崎廻の荒磯に寄する五百重波立ちても居ても我が思へる君
569韓人の衣染むといふ紫の心に染みて思ほゆるかも
570大和へに君が発つ日の近づけば野に立つ鹿も響めてぞ鳴く
571月夜よし川の音清しいざここに行くも行かぬも遊びて行かむ
572まそ鏡見飽かぬ君に後れてや朝夕にさびつつ居らむ
573ぬばたまの黒髪変り白けても痛き恋には逢ふ時ありけり
574ここにありて筑紫やいづち白雲のたなびく山の方にしあるらし
575草香江の入江にあさる葦鶴のあなたづたづし友なしにして
576今よりは城の山道は寂しけむ我が通はむと思ひしものを
577我が衣人にな着せそ網引する難波壮士の手には触るとも
578天地とともに久しく住まはむと思ひてありし家の庭はも
579見まつりていまだ時だに変らねば年月のごと思ほゆる君
580あしひきの山に生ひたる菅の根のねもころ見まく欲しき君かも
581生きてあらば見まくも知らず何しかも死なむよ妹と夢に見えつる
582ますらをもかく恋ひけるをたわやめの恋ふる心にたぐひあらめやも
583月草のうつろひやすく思へかも我が思ふ人の言も告げ来ぬ
584春日山朝立つ雲の居ぬ日なく見まくの欲しき君にもあるかも
585出でていなむ時しはあらむをことさらに妻恋しつつ立ちていぬべしや
586相見ずは恋ひずあらましを妹を見てもとなかくのみ恋ひばいかにせむ
587我が形見見つつ偲はせあらたまの年の緒長く我れも偲はむ
588白鳥の飛羽山松の待ちつつぞ我が恋ひわたるこの月ごろを
589衣手を打廻の里にある我れを知らにぞ人は待てど来ずける
590あらたまの年の経ぬれば今しはとゆめよ我が背子我が名告らすな
591我が思ひを人に知るれか玉櫛笥開きあけつと夢にし見ゆる
592闇の夜に鳴くなる鶴の外のみに聞きつつかあらむ逢ふとはなしに
593君に恋ひいたもすべなみ奈良山の小松が下に立ち嘆くかも
594我がやどの夕蔭草の白露の消ぬがにもとな思ほゆるかも
595我が命の全けむ限り忘れめやいや日に異には思ひ増すとも
596八百日行く浜の真砂も我が恋にあにまさらじか沖つ島守
597うつせみの人目を繁み石橋の間近き君に恋ひわたるかも
598恋にもぞ人は死にする水無瀬川下ゆ我れ痩す月に日に異に
599朝霧のおほに相見し人故に命死ぬべく恋ひわたるかも
600伊勢の海の礒もとどろに寄する波畏き人に恋ひわたるかも
601心ゆも我は思はずき山川も隔たらなくにかく恋ひむとは
602夕されば物思ひまさる見し人の言とふ姿面影にして
603思ふにし死にするものにあらませば千たびぞ我れは死にかへらまし
604剣大刀身に取り添ふと夢に見つ何のさがぞも君に逢はむため
605天地の神の理なくはこそ我が思ふ君に逢はず死にせめ
606我れも思ふ人もな忘れおほなわに浦吹く風のやむ時もなし
607皆人を寝よとの鐘は打つなれど君をし思へば寐ねかてぬかも
608相思はぬ人を思ふは大寺の餓鬼の後方に額つくごとし
609心ゆも我は思はずきまたさらに我が故郷に帰り来むとは
610近くあれば見ねどもあるをいや遠く君がいまさば有りかつましじ
611今さらに妹に逢はめやと思へかもここだ我が胸いぶせくあるらむ
612なかなかに黙もあらましを何すとか相見そめけむ遂げざらまくに
613もの思ふと人に見えじとなまじひに常に思へりありぞかねつる
614相思はぬ人をやもとな白栲の袖漬つまでに音のみし泣くも
615我が背子は相思はずとも敷栲の君が枕は夢に見えこそ
616剣太刀名の惜しけくも我れはなし君に逢はずて年の経ぬれば
617葦辺より満ち来る潮のいや増しに思へか君が忘れかねつる
618さ夜中に友呼ぶ千鳥物思ふとわびをる時に鳴きつつもとな
619おしてる難波の菅のねもころに君が聞こして年深く長くし言へばまそ鏡磨ぎし心をゆるしてしその日の極み波の共靡く玉藻のかにかくに心は持たず大船の頼める時にちはやぶる神か離くらむうつせみの人か障ふらむ通はしし君も来まさず玉梓の使も見えずなりぬればいたもすべなみぬばたまの夜はすがらに赤らひく日も暮るるまで嘆けども験をなみ思へどもたづきを知らにたわや女と言はくもしるくたわらはの音のみ泣きつつた廻り君が使を待ちやかねてむ
620初めより長く言ひつつ頼めずはかかる思ひに逢はましものか
621間なく恋ふれにかあらむ草枕旅なる君が夢にし見ゆる
622草枕旅に久しくなりぬれば汝をこそ思へな恋ひそ我妹
623松の葉に月はゆつりぬ黄葉の過ぐれや君が逢はぬ夜ぞ多き
624道に逢ひて笑まししからに降る雪の消なば消ぬがに恋ふといふ我妹
625沖辺行き辺を行き今や妹がため我が漁れる藻臥束鮒
626君により言の繁きを故郷の明日香の川にみそぎしに行く一尾云龍田越え御津の浜辺にみそぎしに行く
627我がたもとまかむと思はむ大夫は変若水求め白髪生ひにけり
628白髪生ふることは思はず変若水はかにもかくにも求めて行かむ
629何すとか使の来つる君をこそかにもかくにも待ちかてにすれ
630初花の散るべきものを人言の繁きによりてよどむころかも
631うはへなきものかも人はしかばかり遠き家路を帰さく思へば
632目には見て手には取らえぬ月の内の楓のごとき妹をいかにせむ
633ここだくも思ひけめかも敷栲の枕片さる夢に見え来し
634家にして見れど飽かぬを草枕旅にも妻とあるが羨しさ
635草枕旅には妻は率たれども櫛笥のうちの玉をこそ思へ
636我が衣形見に奉る敷栲の枕を放けずまきてさ寝ませ
637我が背子が形見の衣妻どひに我が身は離けじ言とはずとも
638ただ一夜隔てしからにあらたまの月か経ぬると心惑ひぬ
639我が背子がかく恋ふれこそぬばたまの夢に見えつつ寐ねらえずけれ
640はしけやし間近き里を雲居にや恋ひつつ居らむ月も経なくに
641絶ゆと言はばわびしみせむと焼大刀のへつかふことは幸くや我が君
642我妹子に恋ひて乱ればくるべきに懸けて寄せむと我が恋ひそめし
643世の中の女にしあらば我が渡る痛背の川を渡りかねめや
644今は我はわびぞしにける息の緒に思ひし君をゆるさく思へば
645白栲の袖別るべき日を近み心にむせひ音のみし泣かゆ
646ますらをの思ひわびつつたびまねく嘆く嘆きを負はぬものかも
647心には忘るる日なく思へども人の言こそ繁き君にあれ
648相見ずて日長くなりぬこの頃はいかに幸くやいふかし我妹
649夏葛の絶えぬ使のよどめれば事しもあるごと思ひつるかも
650我妹子は常世の国に住みけらし昔見しより変若ましにけり
651ひさかたの天の露霜置きにけり家なる人も待ち恋ひぬらむ
652玉守に玉は授けてかつがつも枕と我れはいざふたり寝む
653心には忘れぬものをたまさかに見ぬ日さまねく月ぞ経にける
654相見ては月も経なくに恋ふと言はばをそろと我れを思ほさむかも
655思はぬを思ふと言はば天地の神も知らさむ邑礼左変
656我れのみぞ君には恋ふる我が背子が恋ふといふことは言のなぐさぞ
657思はじと言ひてしものをはねず色のうつろひやすき我が心かも
658思へども験もなしと知るものを何かここだく我が恋ひわたる
659あらかじめ人言繁しかくしあらばしゑや我が背子奥もいかにあらめ
660汝をと我を人ぞ離くなるいで我が君人の中言聞きこすなゆめ
661恋ひ恋ひて逢へる時だにうるはしき言尽してよ長くと思はば
662網児の山五百重隠せる佐堤の崎さで延へし子が夢にし見ゆる
663佐保渡り我家の上に鳴く鳥の声なつかしきはしき妻の子
664石上降るとも雨につつまめや妹に逢はむと言ひてしものを
665向ひ居て見れども飽かぬ我妹子に立ち別れ行かむたづき知らずも
666相見ぬは幾久さにもあらなくにここだく我れは恋ひつつもあるか
667恋ひ恋ひて逢ひたるものを月しあれば夜は隠るらむしましはあり待て
668朝に日に色づく山の白雲の思ひ過ぐべき君にあらなくに
669あしひきの山橘の色に出でよ語らひ継ぎて逢ふこともあらむ
670月読の光りに来ませあしひきの山きへなりて遠からなくに
671月読の光りは清く照らせれど惑へる心思ひあへなくに
672しつたまき数にもあらぬ命もて何かここだく我が恋ひわたる
673まそ鏡磨ぎし心をゆるしてば後に言ふとも験あらめやも
674真玉つくをちこち兼ねて言は言へど逢ひて後こそ悔にはありといへ
675をみなへし佐紀沢に生ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかも
676海の底奥を深めて我が思へる君には逢はむ年は経ぬとも
677春日山朝居る雲のおほほしく知らぬ人にも恋ふるものかも
678直に逢ひて見てばのみこそたまきはる命に向ふ我が恋やまめ
679いなと言はば強ひめや我が背菅の根の思ひ乱れて恋ひつつもあらむ
680けだしくも人の中言聞かせかもここだく待てど君が来まさぬ
681なかなかに絶ゆとし言はばかくばかり息の緒にして我れ恋ひめやも
682思ふらむ人にあらなくにねもころに心尽して恋ふる我れかも
683言ふ言の畏き国ぞ紅の色にな出でそ思ひ死ぬとも
684今は我は死なむよ我が背生けりとも我れに依るべしと言ふといはなくに
685人言を繁みか君が二鞘の家を隔てて恋ひつつまさむ
686このころは千年や行きも過ぎぬると我れやしか思ふ見まく欲りかも
687うるはしと我が思ふ心速川の塞きに塞くともなほや崩えなむ
688青山を横ぎる雲のいちしろく我れと笑まして人に知らゆな
689海山も隔たらなくに何しかも目言をだにもここだ乏しき
690照る月を闇に見なして泣く涙衣濡らしつ干す人なしに
691ももしきの大宮人は多かれど心に乗りて思ほゆる妹
692うはへなき妹にもあるかもかくばかり人の心を尽さく思へば
693かくのみし恋ひやわたらむ秋津野にたなびく雲の過ぐとはなしに
694恋草を力車に七車積みて恋ふらく我が心から
695恋は今はあらじと我れは思へるをいづくの恋ぞつかみかかれる
696家人に恋過ぎめやもかはづ鳴く泉の里に年の経ぬれば
697我が聞きに懸けてな言ひそ刈り薦の乱れて思ふ君が直香ぞ
698春日野に朝居る雲のしくしくに我れは恋ひ増す月に日に異に
699一瀬には千たび障らひ行く水の後にも逢はむ今にあらずとも
700かくしてやなほや罷らむ近からぬ道の間をなづみ参ゐ来て
701はつはつに人を相見ていかにあらむいづれの日にかまた外に見む
702ぬばたまのその夜の月夜今日までに我れは忘れず間なくし思へば
703我が背子を相見しその日今日までに我が衣手は干る時もなし
704栲縄の長き命を欲りしくは絶えずて人を見まく欲りこそ
705はねかづら今する妹を夢に見て心のうちに恋ひわたるかも
706はねかづら今する妹はなかりしをいづれの妹ぞここだ恋ひたる
707思ひ遣るすべの知らねば片もひの底にぞ我れは恋ひ成りにける<注土h之中>
708またも逢はむよしもあらぬか白栲の我が衣手にいはひ留めむ
709夕闇は道たづたづし月待ちて行ませ我が背子その間にも見む
710み空行く月の光にただ一目相見し人の夢にし見ゆる
711鴨鳥の遊ぶこの池に木の葉落ちて浮きたる心我が思はなくに
712味酒を三輪の祝がいはふ杉手触れし罪か君に逢ひかたき
713垣ほなす人言聞きて我が背子が心たゆたひ逢はぬこのころ
714心には思ひわたれどよしをなみ外のみにして嘆きぞ我がする
715千鳥鳴く佐保の川門の清き瀬を馬うち渡しいつか通はむ
716夜昼といふ別き知らず我が恋ふる心はけだし夢に見えきや
717つれもなくあるらむ人を片思に我れは思へばわびしくもあるか
718思はぬに妹が笑ひを夢に見て心のうちに燃えつつぞ居る
719ますらをと思へる我れをかくばかりみつれにみつれ片思をせむ
720むらきもの心砕けてかくばかり我が恋ふらくを知らずかあるらむ
721あしひきの山にしをれば風流なみ我がするわざをとがめたまふな
722かくばかり恋ひつつあらずは石木にもならましものを物思はずして
723常世にと我が行かなくに小金門にもの悲しらに思へりし我が子の刀自をぬばたまの夜昼といはず思ふにし我が身は痩せぬ嘆くにし袖さへ濡れぬかくばかりもとなし恋ひば故郷にこの月ごろも有りかつましじ
724朝髪の思ひ乱れてかくばかり汝姉が恋ふれぞ夢に見えける
725にほ鳥の潜く池水心あらば君に我が恋ふる心示さね
726外に居て恋ひつつあらずは君が家の池に住むといふ鴨にあらましを
727忘れ草我が下紐に付けたれど醜の醜草言にしありけり
728人もなき国もあらぬか我妹子とたづさはり行きて副ひて居らむ
729玉ならば手にも巻かむをうつせみの世の人なれば手に巻きかたし
730逢はむ夜はいつもあらむを何すとかその宵逢ひて言の繁きも
731我が名はも千名の五百名に立ちぬとも君が名立たば惜しみこそ泣け
732今しはし名の惜しけくも我れはなし妹によりては千たび立つとも
733うつせみの世やも二行く何すとか妹に逢はずて我がひとり寝む
734我が思ひかくてあらずは玉にもがまことも妹が手に巻かれなむ
735春日山霞たなびき心ぐく照れる月夜にひとりかも寝む
736月夜には門に出で立ち夕占問ひ足占をぞせし行かまくを欲り
737かにかくに人は言ふとも若狭道の後瀬の山の後も逢はむ君
738世の中の苦しきものにありけらし恋にあへずて死ぬべき思へば
739後瀬山後も逢はむと思へこそ死ぬべきものを今日までも生けれ
740言のみを後も逢はむとねもころに我れを頼めて逢はざらむかも
741夢の逢ひは苦しかりけりおどろきて掻き探れども手にも触れねば
742一重のみ妹が結ばむ帯をすら三重結ぶべく我が身はなりぬ
743我が恋は千引の石を七ばかり首に懸けむも神のまにまに
744夕さらば屋戸開け設けて我れ待たむ夢に相見に来むといふ人を
745朝夕に見む時さへや我妹子が見れど見ぬごとなほ恋しけむ
746生ける世に我はいまだ見ず言絶えてかくおもしろく縫へる袋は
747我妹子が形見の衣下に着て直に逢ふまでは我れ脱かめやも
748恋ひ死なむそこも同じぞ何せむに人目人言言痛み我がせむ
749夢にだに見えばこそあらめかくばかり見えずしあるは恋ひて死ねとか
750思ひ絶えわびにしものを中々に何か苦しく相見そめけむ
751相見ては幾日も経ぬをここだくもくるひにくるひ思ほゆるかも
752かくばかり面影にのみ思ほえばいかにかもせむ人目繁くて
753相見てはしましも恋はなぎむかと思へどいよよ恋ひまさりけり
754夜のほどろ我が出でて来れば我妹子が思へりしくし面影に見ゆ
755夜のほどろ出でつつ来らくたび数多くなれば我が胸断ち焼くごとし
756外に居て恋ふれば苦し我妹子を継ぎて相見む事計りせよ
757遠くあらばわびてもあらむを里近くありと聞きつつ見ぬがすべなさ
758白雲のたなびく山の高々に我が思ふ妹を見むよしもがも
759いかならむ時にか妹を葎生の汚なきやどに入りいませてむ
760うち渡す武田の原に鳴く鶴の間なく時なし我が恋ふらくは
761早川の瀬に居る鳥のよしをなみ思ひてありし我が子はもあはれ
762神さぶといなにはあらずはたやはたかくして後に寂しけむかも
763玉の緒を沫緒に搓りて結べらばありて後にも逢はざらめやも
764百年に老舌出でてよよむとも我れはいとはじ恋ひは増すとも
765一重山へなれるものを月夜よみ門に出で立ち妹か待つらむ
766道遠み来じとは知れるものからにしかぞ待つらむ君が目を欲り
767都路を遠みか妹がこのころはうけひて寝れど夢に見え来ぬ
768今知らす久迩の都に妹に逢はず久しくなりぬ行きて早見な
769ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺に居ればいぶせかりけり
770人目多み逢はなくのみぞ心さへ妹を忘れて我が思はなくに
771偽りも似つきてぞするうつしくもまこと我妹子我れに恋ひめや
772夢にだに見えむと我れはほどけども相し思はねばうべ見えずあらむ
773言とはぬ木すらあじさゐ諸弟らが練りのむらとにあざむかえけり
774百千たび恋ふと言ふとも諸弟らが練りのことばは我れは頼まじ
775鶉鳴く古りにし里ゆ思へども何ぞも妹に逢ふよしもなき
776言出しは誰が言にあるか小山田の苗代水の中淀にして
777我妹子がやどの籬を見に行かばけだし門より帰してむかも
778うつたへに籬の姿見まく欲り行かむと言へや君を見にこそ
779板葺の黒木の屋根は山近し明日の日取りて持ちて参ゐ来む
780黒木取り草も刈りつつ仕へめどいそしきわけとほめむともあらず一云仕ふとも
781ぬばたまの昨夜は帰しつ今夜さへ我れを帰すな道の長手を
782風高く辺には吹けども妹がため袖さへ濡れて刈れる玉藻ぞ
783をととしの先つ年より今年まで恋ふれどなぞも妹に逢ひかたき
784うつつにはさらにもえ言はず夢にだに妹が手本を卷き寝とし見ば
785我がやどの草の上白く置く露の身も惜しからず妹に逢はずあれば
786春の雨はいやしき降るに梅の花いまだ咲かなくいと若みかも
787夢のごと思ほゆるかもはしきやし君が使の数多く通へば
788うら若み花咲きかたき梅を植ゑて人の言繁み思ひぞ我がする
789心ぐく思ほゆるかも春霞たなびく時に言の通へば
790春風の音にし出なばありさりて今ならずとも君がまにまに
791奥山の岩蔭に生ふる菅の根のねもころ我れも相思はざれや
792春雨を待つとにしあらし我がやどの若木の梅もいまだふふめり
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集786番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集786番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集786番について歌番号786番原文春之雨者|弥布落尓|梅花|未咲久|伊等若美可聞訓読春の雨はいやしき降るに梅の花いまだ咲かなくいと若みかもかな読みはるのあめは|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集787番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集787番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集787番について歌番号787番原文如夢|所念鴨|愛八師|君之使乃|麻祢久通者訓読夢のごと思ほゆるかもはしきやし君が使の数多く通へばかな読みいめのごと|おもほゆる...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集788番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集788番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集788番について歌番号788番原文浦若見|花咲難寸|梅乎殖而|人之事重三|念曽吾為類訓読うら若み花咲きかたき梅を植ゑて人の言繁み思ひぞ我がするかな読みうらわかみ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集789番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集789番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集789番について歌番号789番原文情八十一|所念可聞|春霞|軽引時二|事之通者訓読心ぐく思ほゆるかも春霞たなびく時に言の通へばかな読みこころぐく|おもほゆるかも...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集790番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集790番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集790番について歌番号790番原文春風之|聲尓四出名者|有去而|不有今友|君之随意訓読春風の音にし出なばありさりて今ならずとも君がまにまにかな読みはるかぜの|お...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集791番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集791番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集791番について歌番号791番原文奥山之|磐影尓生流|菅根乃|懃吾毛|不相念有哉訓読奥山の岩蔭に生ふる菅の根のねもころ我れも相思はざれやかな読みおくやまの|いは...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集792番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集792番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集792番について歌番号792番原文春雨乎|待二師有四|吾屋戸之|若木乃梅毛|未含有訓読春雨を待つとにしあらし我がやどの若木の梅もいまだふふめりかな読みはるさめを...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集778番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集778番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集778番について歌番号778番原文打妙尓|前垣乃酢堅|欲見|将行常云哉|君乎見尓許曽訓読うつたへに籬の姿見まく欲り行かむと言へや君を見にこそかな読みうつたへに|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集779番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集779番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集779番について歌番号779番原文板盖之|黒木乃屋根者|山近之|明日取而|持将参来訓読板葺の黒木の屋根は山近し明日の日取りて持ちて参ゐ来むかな読みいたぶきの|く...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集780番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集780番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集780番について歌番号780番原文黒樹取|草毛苅乍|仕目利|勤氣登|将譽十方不有|訓読黒木取り草も刈りつつ仕へめどいそしきわけとほめむともあらず|かな読みくろき...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集781番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集781番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集781番について歌番号781番原文野干玉能|昨夜者令還|今夜左倍|吾乎還莫|路之長手訓読ぬばたまの昨夜は帰しつ今夜さへ我れを帰すな道の長手をかな読みぬばたまの|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集782番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集782番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集782番について歌番号782番原文風高|邊者雖吹|為妹|袖左倍所而|苅流玉藻焉訓読風高く辺には吹けども妹がため袖さへ濡れて刈れる玉藻ぞかな読みかぜたかく|へには...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集783番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集783番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集783番について歌番号783番原文前年之|先年従|至今年|戀跡奈何毛|妹尓相難訓読をととしの先つ年より今年まで恋ふれどなぞも妹に逢ひかたきかな読みをととしの|さ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集784番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集784番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集784番について歌番号784番原文打乍二波|更毛不得言|夢谷|妹之本乎|纒宿常思見者訓読うつつにはさらにもえ言はず夢にだに妹が手本を卷き寝とし見ばかな読みうつつ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集785番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集785番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集785番について歌番号785番原文吾屋戸之|草上白久|置露乃|壽母不有惜|妹尓不相有者訓読我がやどの草の上白く置く露の身も惜しからず妹に逢はずあればかな読みわが...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集754番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集754番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集754番について歌番号754番原文夜之穂杼呂|吾出而来者|吾妹子之|念有四九四|面影二三湯訓読夜のほどろ我が出でて来れば我妹子が思へりしくし面影に見ゆかな読みよ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集770番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集770番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集770番について歌番号770番原文人眼多見|不相耳曽|情左倍|妹乎忘而|吾念莫國訓読人目多み逢はなくのみぞ心さへ妹を忘れて我が思はなくにかな読みひとめおほみ|あ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集755番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集755番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集755番について歌番号755番原文夜之穂杼呂|出都追来良久|遍多數|成者吾胸|截焼如訓読夜のほどろ出でつつ来らくたび数多くなれば我が胸断ち焼くごとしかな読みよの...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集771番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集771番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集771番について歌番号771番原文偽毛|似付而曽為流|打布裳|真吾妹兒|吾尓戀目八訓読偽りも似つきてぞするうつしくもまこと我妹子我れに恋ひめやかな読みいつはりも...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集756番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集756番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集756番について歌番号756番原文外居而|戀者苦|吾妹子乎|次相見六|事計為与訓読外に居て恋ふれば苦し我妹子を継ぎて相見む事計りせよかな読みよそにゐて|こふれば...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集772番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集772番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集772番について歌番号772番原文夢尓谷|将所見常吾者|保杼毛友|不相志思|諾不所見武訓読夢にだに見えむと我れはほどけども相し思はねばうべ見えずあらむかな読みい...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集757番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集757番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集757番について歌番号757番原文遠有者|和備而毛有乎|里近|有常聞乍|不見之為便奈沙訓読遠くあらばわびてもあらむを里近くありと聞きつつ見ぬがすべなさかな読みと...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集773番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集773番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集773番について歌番号773番原文事不問|木尚味狭藍|諸等之|練乃村戸二|所詐来訓読言とはぬ木すらあじさゐ諸弟らが練りのむらとにあざむかえけりかな読みこととはぬ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集758番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集758番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集758番について歌番号758番原文白雲之|多奈引山之|高々二|吾念妹乎|将見因毛我母訓読白雲のたなびく山の高々に我が思ふ妹を見むよしもがもかな読みしらくもの|た...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集774番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集774番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集774番について歌番号774番原文百千遍|戀跡云友|諸等之|練乃言羽|吾波不信訓読百千たび恋ふと言ふとも諸弟らが練りのことばは我れは頼まじかな読みももちたび|こ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集759番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集759番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集759番について歌番号759番原文何|時尓加妹乎|牟具良布能|穢屋戸尓|入将座訓読いかならむ時にか妹を葎生の汚なきやどに入りいませてむかな読みいかならむ|ときに...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集775番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集775番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集775番について歌番号775番原文鶉鳴|故郷従|念友|何如裳妹尓|相縁毛無寸訓読鶉鳴く古りにし里ゆ思へども何ぞも妹に逢ふよしもなきかな読みうづらなく|ふりにしさ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集760番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集760番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集760番について歌番号760番原文打渡|竹田之原尓|鳴鶴之|間無時無|吾戀良久波訓読うち渡す武田の原に鳴く鶴の間なく時なし我が恋ふらくはかな読みうちわたす|たけ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集776番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集776番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集776番について歌番号776番原文事出之者|誰言尓有鹿|小山田之|苗代水乃|中与杼尓四手訓読言出しは誰が言にあるか小山田の苗代水の中淀にしてかな読みことでしは|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集761番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集761番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集761番について歌番号761番原文早河之|湍尓居鳥之|縁乎奈弥|念而有師|吾兒羽裳A怜訓読早川の瀬に居る鳥のよしをなみ思ひてありし我が子はもあはれかな読みはやか...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集777番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集777番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集777番について歌番号777番原文吾妹子之|屋戸乃籬乎|見尓徃者|盖従門|将返却可聞訓読我妹子がやどの籬を見に行かばけだし門より帰してむかもかな読みわぎもこが|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集762番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集762番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集762番について歌番号762番原文神左夫跡|不欲者不有|八|如是為而後二|佐夫之家牟可聞訓読神さぶといなにはあらずはたやはたかくして後に寂しけむかもかな読みかむ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集763番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集763番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集763番について歌番号763番原文玉緒乎|沫緒二搓而|結有者|在手後二毛|不相在目八方訓読玉の緒を沫緒に搓りて結べらばありて後にも逢はざらめやもかな読みたまのを...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集764番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集764番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集764番について歌番号764番原文百年尓|老舌出而|与余牟友|吾者不猒|戀者益友訓読百年に老舌出でてよよむとも我れはいとはじ恋ひは増すともかな読みももとせに|お...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集749番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集749番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集749番について歌番号749番原文夢二谷|所見者社有|如此許|不所見有者|戀而死跡香訓読夢にだに見えばこそあらめかくばかり見えずしあるは恋ひて死ねとかかな読みい...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集765番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集765番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集765番について歌番号765番原文一隔山|重成物乎|月夜好見|門尓出立|妹可将待訓読一重山へなれるものを月夜よみ門に出で立ち妹か待つらむかな読みひとへやま|へな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集750番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集750番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集750番について歌番号750番原文念絶|和備西物尾|中々|奈何辛苦|相見始兼訓読思ひ絶えわびにしものを中々に何か苦しく相見そめけむかな読みおもひたえ|わびにしも...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集766番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集766番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集766番について歌番号766番原文路遠|不来常波知有|物可良尓|然曽将待|君之目乎保利訓読道遠み来じとは知れるものからにしかぞ待つらむ君が目を欲りかな読みみちと...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集751番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集751番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集751番について歌番号751番原文相見而者|幾日毛不經乎|幾許久毛|流比尓久流必|所念鴨訓読相見ては幾日も経ぬをここだくもくるひにくるひ思ほゆるかもかな読みあひ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集767番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集767番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集767番について歌番号767番原文都路乎|遠哉妹之|比来者|得飼飯而雖宿|夢尓不所見来訓読都路を遠みか妹がこのころはうけひて寝れど夢に見え来ぬかな読みみやこぢを...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集752番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集752番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集752番について歌番号752番原文如是許|面影耳|所念者|何如将為|人目繁而訓読かくばかり面影にのみ思ほえばいかにかもせむ人目繁くてかな読みかくばかり|おもかげ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集768番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集768番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集768番について歌番号768番原文今所知|久邇乃京尓|妹二不相|久成|行而早見奈訓読今知らす久迩の都に妹に逢はず久しくなりぬ行きて早見なかな読みいましらす|くに...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集753番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集753番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集753番について歌番号753番原文相見者|須臾戀者|奈木六香登|雖念弥|戀益来訓読相見てはしましも恋はなぎむかと思へどいよよ恋ひまさりけりかな読みあひみては|し...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集769番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集769番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集769番について歌番号769番原文久堅之|雨之落日乎|直獨|山邊尓居者|欝有来訓読ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺に居ればいぶせかりけりかな読みひさかたの|あ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集738番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集738番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集738番について歌番号738番原文世間之|苦物尓|有家良|戀尓不勝而|可死念者訓読世の中の苦しきものにありけらし恋にあへずて死ぬべき思へばかな読みよのなかの|く...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集739番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集739番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集739番について歌番号739番原文後湍山|後毛将相常|念社|可死物乎|至今日生有訓読後瀬山後も逢はむと思へこそ死ぬべきものを今日までも生けれかな読みのちせやま|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集740番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集740番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集740番について歌番号740番原文事耳乎|後毛相跡|懃|吾乎令憑而|不相可聞訓読言のみを後も逢はむとねもころに我れを頼めて逢はざらむかもかな読みことのみを|のち...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集741番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集741番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集741番について歌番号741番原文夢之相者|苦有家里|覺而|掻探友|手二毛不所觸者訓読夢の逢ひは苦しかりけりおどろきて掻き探れども手にも触れねばかな読みいめのあ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集726番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集726番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集726番について歌番号726番原文外居而|戀乍不有者|君之家乃|池尓住云|鴨二有益雄訓読外に居て恋ひつつあらずは君が家の池に住むといふ鴨にあらましをかな読みよそ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集742番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集742番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集742番について歌番号742番原文一重耳|妹之将結|帶乎尚|三重可結|吾身者成訓読一重のみ妹が結ばむ帯をすら三重結ぶべく我が身はなりぬかな読みひとへのみ|いもが...
タイトルとURLをコピーしました