万葉集761番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集761番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集761番について

歌番号

761番

原文

早河之|湍尓居鳥之|縁乎奈弥|念而有師|吾兒羽裳A怜

訓読

早川の瀬に居る鳥のよしをなみ思ひてありし我が子はもあはれ

かな読み

はやかはの|せにゐるとりの|よしをなみ|おもひてありし|あがこはもあはれ

カタカナ読み

ハヤカハノ|セニヰルトリノ|ヨシヲナミ|オモヒテアリシ|アガコハモアハレ

ローマ字読み|大文字

HAYAKAHANO|SENIIRUTORINO|YOSHIONAMI|OMOHITEARISHI|AGAKOHAMOAHARE

ローマ字読み|小文字

hayakahano|seniirutorino|yoshionami|omohitearishi|agakohamoahare

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴坂上大嬢|序詞|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

はやかはの[寛],
せにゐるとりの[寛],
よしをなみ[寛],
おもひてありし[寛],
あがこはもあはれ,[寛]わかこはもあはれ,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました