万葉集676番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集676番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集676番について

歌番号

676番

原文

海底|奥乎深目手|吾念有|君二波将相|年者經十方

訓読

海の底奥を深めて我が思へる君には逢はむ年は経ぬとも

かな読み

わたのそこ|おくをふかめて|あがおもへる|きみにはあはむ|としはへぬとも

カタカナ読み

ワタノソコ|オクヲフカメテ|アガオモヘル|キミニハアハム|トシハヘヌトモ

ローマ字読み|大文字

WATANOSOKO|OKUOFUKAMETE|AGAOMOHERU|KIMINIHAAHAMU|TOSHIHAHENUTOMO

ローマ字読み|小文字

watanosoko|okuofukamete|agaomoheru|kiminihaahamu|toshihahenutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|枕詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

わたのそこ,[寛]わたつみの,
おくをふかめて,[寛]おきをふかめて,
あがおもへる,[寛]わかおもへる,
きみにはあはむ[寛],
としはへぬとも[寛],

巻数

第4巻

作者

中臣女郎

タイトルとURLをコピーしました