万葉集769番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集769番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集769番について

歌番号

769番

原文

久堅之|雨之落日乎|直獨|山邊尓居者|欝有来

訓読

ひさかたの雨の降る日をただ独り山辺に居ればいぶせかりけり

かな読み

ひさかたの|あめのふるひを|ただひとり|やまへにをれば|いぶせかりけり

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメノフルヒヲ|タダヒトリ|ヤマヘニヲレバ|イブセカリケリ

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMENOFURUHIO|TADAHITORI|YAMAHENIOREBA|IBUSEKARIKERI

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amenofuruhio|tadahitori|yamahenioreba|ibusekarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|久邇京|鬱屈|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめのふるひを[寛],
ただひとり,[寛]たたひとり,
やまへにをれば,[寛]やまへにをれは,
いぶせかりけり,[寛]いふせかりけり,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました