万葉集656番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集656番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集656番について

歌番号

656番

原文

吾耳曽|君尓者戀流|吾背子之|戀云事波|言乃名具左曽

訓読

我れのみぞ君には恋ふる我が背子が恋ふといふことは言のなぐさぞ

かな読み

あれのみぞ|きみにはこふる|わがせこが|こふといふことは|ことのなぐさぞ

カタカナ読み

アレノミゾ|キミニハコフル|ワガセコガ|コフトイフコトハ|コトノナグサゾ

ローマ字読み|大文字

ARENOMIZO|KIMINIHAKOFURU|WAGASEKOGA|KOFUTOIFUKOTOHA|KOTONONAGUSAZO

ローマ字読み|小文字

arenomizo|kiminihakofuru|wagasekoga|kofutoifukotoha|kotononagusazo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正復旧)】歌

寛永版本

あれのみぞ,[寛]われのみそ,
きみにはこふる[寛],
わがせこが,[寛]わかせこか,
こふといふことは[寛],
ことのなぐさぞ,[寛]ことのなくせそ,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました