万葉集655番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集655番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集655番について

歌番号

655番

原文

不念乎|思常云者|天地之|神祇毛知寒|邑礼左變

訓読

思はぬを思ふと言はば天地の神も知らさむ邑礼左変

かな読み

おもはぬを|おもふといはば|あめつちの|かみもしらさむ|****

カタカナ読み

オモハヌヲ|オモフトイハバ|アメツチノ|カミモシラサム|****

ローマ字読み|大文字

OMOHANUO|OMOFUTOIHABA|AMETSUCHINO|KAMIMOSHIRASAMU|****

ローマ字読み|小文字

omohanuo|omofutoihaba|ametsuchino|kamimoshirasamu|****

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|難訓|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

おもはぬを[寛],
おもふといはば,[寛]おもふといはは,
あめつちの[寛],
かみもしらさむ,[寛]かみもしるかに,
****,[寛]さとれてかはり,

巻数

第4巻

作者

大伴駿河麻呂

タイトルとURLをコピーしました