万葉集495番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集495番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集495番について

歌番号

495番

原文

朝日影|尓保敝流山尓|照月乃|不猒君乎|山越尓置手

訓読

朝日影にほへる山に照る月の飽かざる君を山越しに置きて

かな読み

あさひかげ|にほへるやまに|てるつきの|あかざるきみを|やまごしにおきて

カタカナ読み

アサヒカゲ|ニホヘルヤマニ|テルツキノ|アカザルキミヲ|ヤマゴシニオキテ

ローマ字読み|大文字

ASAHIKAGE|NIHOHERUYAMANI|TERUTSUKINO|AKAZARUKIMIO|YAMAGOSHINIOKITE

ローマ字読み|小文字

asahikage|nihoheruyamani|terutsukino|akazarukimio|yamagoshiniokite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情|羈旅|離別|太宰府|任官

校異

特に無し

寛永版本

あさひかげ,[寛]あさひかけ,
にほへるやまに[寛],
てるつきの[寛],
あかざるきみを,[寛]あかすかきみを,
やまごしにおきて,[寛]やまこしにおきて,

巻数

第4巻

作者

田部櫟子

タイトルとURLをコピーしました