万葉集506番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集506番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集506番について

歌番号

506番

原文

吾背子波|物莫念|事之有者|火尓毛水尓<母>|吾莫七國

訓読

我が背子は物な思ひそ事しあらば火にも水にも我れなけなくに

かな読み

わがせこは|ものなおもひそ|ことしあらば|ひにもみづにも|われなけなくに

カタカナ読み

ワガセコハ|モノナオモヒソ|コトシアラバ|ヒニモミヅニモ|ワレナケナクニ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOHA|MONONAOMOHISO|KOTOSHIARABA|HINIMOMIZUNIMO|WARENAKENAKUNI

ローマ字読み|小文字

wagasekoha|mononaomohiso|kotoshiaraba|hinimomizunimo|warenakenakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

毛->母【桂】【元】【紀】

寛永版本

わがせこは,[寛]わかせろは,
ものなおもひそ[寛],
ことしあらば,[寛]ことしあらは,
ひにもみづにも,[寛]ひにもみつにも,
われなけなくに,[寛]われならなくに,

巻数

第4巻

作者

安倍女郎

タイトルとURLをコピーしました