万葉集583番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集583番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集583番について

歌番号

583番

原文

月草之|徙安久|念可母|我念人之|事毛告不来

訓読

月草のうつろひやすく思へかも我が思ふ人の言も告げ来ぬ

かな読み

つきくさの|うつろひやすく|おもへかも|わがおもふひとの|こともつげこぬ

カタカナ読み

ツキクサノ|ウツロヒヤスク|オモヘカモ|ワガオモフヒトノ|コトモツゲコヌ

ローマ字読み|大文字

TSUKIKUSANO|UTSUROHIYASUKU|OMOHEKAMO|WAGAOMOFUHITONO|KOTOMOTSUGEKONU

ローマ字読み|小文字

tsukikusano|utsurohiyasuku|omohekamo|wagaomofuhitono|kotomotsugekonu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|植物|枕詞|贈答

校異

特に無し

寛永版本

つきくさの[寛],
うつろひやすく[寛],
おもへかも[寛],
わがおもふひとの,[寛]わかおもふひとの,
こともつげこぬ,[寛]こともつけこぬ,

巻数

第4巻

作者

坂上大嬢

タイトルとURLをコピーしました