万葉集559番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集559番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集559番について

歌番号

559番

原文

事毛無|生来之物乎|老奈美尓|如是戀<乎>毛|吾者遇流香聞

訓読

事もなく生き来しものを老いなみにかかる恋にも我れは逢へるかも

かな読み

こともなく|いきこしものを|おいなみに|かかるこひにも|われはあへるかも

カタカナ読み

コトモナク|イキコシモノヲ|オイナミニ|カカルコヒニモ|ワレハアヘルカモ

ローマ字読み|大文字

KOTOMONAKU|IKIKOSHIMONO|OINAMINI|KAKARUKOHINIMO|WAREHAAHERUKAMO

ローマ字読み|小文字

kotomonaku|ikikoshimono|oinamini|kakarukohinimo|warehaaherukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|老齢|恋情

校異

太->大【桂】【元】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌|于->乎【桂】【元】【紀】

寛永版本

こともなく[寛],
いきこしものを,[寛]ありこしものを,
おいなみに,[寛]おひなみに,
かかるこひにも[寛],
われはあへるかも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴百代

タイトルとURLをコピーしました