万葉集791番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集791番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集791番について

歌番号

791番

原文

奥山之|磐影尓生流|菅根乃|懃吾毛|不相念有哉

訓読

奥山の岩蔭に生ふる菅の根のねもころ我れも相思はざれや

かな読み

おくやまの|いはかげにおふる|すがのねの|ねもころわれも|あひおもはざれや

カタカナ読み

オクヤマノ|イハカゲニオフル|スガノネノ|ネモコロワレモ|アヒオモハザレヤ

ローマ字読み|大文字

OKUYAMANO|IHAKAGENIOFURU|SUGANONENO|NEMOKOROWAREMO|AHIOMOHAZAREYA

ローマ字読み|小文字

okuyamano|ihakageniofuru|suganoneno|nemokorowaremo|ahiomohazareya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|植物|序詞|贈答

校異

歌【西】謌

寛永版本

おくやまの[寛],
いはかげにおふる,[寛]いはかけにおふる,
すがのねの,[寛]すかのねの,
ねもころわれも[寛],
あひおもはざれや,[寛]あひおもはされや,

巻数

第4巻

作者

藤原久須麻呂

タイトルとURLをコピーしました