万葉集745番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集745番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集745番について

歌番号

745番

原文

朝夕二|将見時左倍也|吾妹之|雖見如不見|由戀四家武

訓読

朝夕に見む時さへや我妹子が見れど見ぬごとなほ恋しけむ

かな読み

あさよひに|みむときさへや|わぎもこが|みれどみぬごと|なほこほしけむ

カタカナ読み

アサヨヒニ|ミムトキサヘヤ|ワギモコガ|ミレドミヌゴト|ナホコホシケム

ローマ字読み|大文字

ASAYOHINI|MIMUTOKISAHEYA|WAGIMOKOGA|MIREDOMINUGOTO|NAHOKOHOSHIKEMU

ローマ字読み|小文字

asayohini|mimutokisaheya|wagimokoga|miredominugoto|nahokohoshikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|贈答|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あさよひに,[寛]あさゆふに,
みむときさへや[寛],
わぎもこが,[寛]わきもこか,
みれどみぬごと,[寛]みれとみぬこと,
なほこほしけむ,[寛]なをこひしけむ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました