万葉集753番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集753番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集753番について

歌番号

753番

原文

相見者|須臾戀者|奈木六香登|雖念弥|戀益来

訓読

相見てはしましも恋はなぎむかと思へどいよよ恋ひまさりけり

かな読み

あひみては|しましもこひは|なぎむかと|おもへどいよよ|こひまさりけり

カタカナ読み

アヒミテハ|シマシモコヒハ|ナギムカト|オモヘドイヨヨ|コヒマサリケリ

ローマ字読み|大文字

AHIMITEHA|SHIMASHIMOKOHIHA|NAGIMUKATO|OMOHEDOIYOYO|KOHIMASARIKERI

ローマ字読み|小文字

ahimiteha|shimashimokohiha|nagimukato|omohedoiyoyo|kohimasarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

あひみては[寛],
しましもこひは,[寛]しはしもこひは,
なぎむかと,[寛]なきむかと,
おもへどいよよ,[寛]おもへといとと,
こひまさりけり[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました