万葉集689番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集689番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集689番について

歌番号

689番

原文

海山毛|隔莫國|奈何鴨|目言乎谷裳|幾許乏寸

訓読

海山も隔たらなくに何しかも目言をだにもここだ乏しき

かな読み

うみやまも|へだたらなくに|なにしかも|めごとをだにも|ここだともしき

カタカナ読み

ウミヤマモ|ヘダタラナクニ|ナニシカモ|メゴトヲダニモ|ココダトモシキ

ローマ字読み|大文字

UMIYAMAMO|HEDATARANAKUNI|NANISHIKAMO|MEGOTODANIMO|KOKODATOMOSHIKI

ローマ字読み|小文字

umiyamamo|hedataranakuni|nanishikamo|megotodanimo|kokodatomoshiki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

うみやまも[寛],
へだたらなくに,[寛]へたたらなくに,
なにしかも[寛],
めごとをだにも,[寛]みることをたにも,
ここだともしき,[寛]ここたともしき,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました