万葉集631番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集631番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集631番について

歌番号

631番

原文

宇波弊無|物可聞人者|然許|遠家路乎|令還念者

訓読

うはへなきものかも人はしかばかり遠き家路を帰さく思へば

かな読み

うはへなき|ものかもひとは|しかばかり|とほきいへぢを|かへさくおもへば

カタカナ読み

ウハヘナキ|モノカモヒトハ|シカバカリ|トホキイヘヂヲ|カヘサクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

UHAHENAKI|MONOKAMOHITOHA|SHIKABAKARI|TOHOKIIHEJIO|KAHESAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

uhahenaki|monokamohitoha|shikabakari|tohokiihejio|kahesakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|怨恨|贈答

校異

歌【西】謌

寛永版本

うはへなき[寛],
ものかもひとは[寛],
しかばかり,[寛]しかはかり,
とほきいへぢを,[寛]とほきいへちを,
かへさくおもへば,[寛]かへすとおもへは,

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました