万葉集775番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集775番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集775番について

歌番号

775番

原文

鶉鳴|故郷従|念友|何如裳妹尓|相縁毛無寸

訓読

鶉鳴く古りにし里ゆ思へども何ぞも妹に逢ふよしもなき

かな読み

うづらなく|ふりにしさとゆ|おもへども|なにぞもいもに|あふよしもなき

カタカナ読み

ウヅラナク|フリニシサトユ|オモヘドモ|ナニゾモイモニ|アフヨシモナキ

ローマ字読み|大文字

UZURANAKU|FURINISHISATOYU|OMOHEDOMO|NANIZOMOIMONI|AFUYOSHIMONAKI

ローマ字読み|小文字

uzuranaku|furinishisatoyu|omohedomo|nanizomoimoni|afuyoshimonaki

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|動物|枕詞|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

うづらなく,[寛]うつらなく,
ふりにしさとゆ,[寛]ふるきさとより,
おもへども,[寛]おもへとも,
なにぞもいもに,[寛]なにそもいもに,
あふよしもなき[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました