万葉集579番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集579番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集579番について

歌番号

579番

原文

奉見而|未時太尓|不更者|如年月|所念君

訓読

見まつりていまだ時だに変らねば年月のごと思ほゆる君

かな読み

みまつりて|いまだときだに|かはらねば|としつきのごと|おもほゆるきみ

カタカナ読み

ミマツリテ|イマダトキダニ|カハラネバ|トシツキノゴト|オモホユルキミ

ローマ字読み|大文字

MIMATSURITE|IMADATOKIDANI|KAHARANEBA|TOSHITSUKINOGOTO|OMOHOYURUKIMI

ローマ字読み|小文字

mimatsurite|imadatokidani|kaharaneba|toshitsukinogoto|omohoyurukimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持

校異

金->余【桂】【元】【古】【紀】

寛永版本

みまつりて[寛],
いまだときだに,[寛]いまたときたに,
かはらねば,[寛]かはらねは,
としつきのごと,[寛]としつきのこと,
おもほゆるきみ[寛],

巻数

第4巻

作者

余明軍

タイトルとURLをコピーしました