万葉集573番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集573番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集573番について

歌番号

573番

原文

野干玉之|黒髪變|白髪手裳|痛戀庭|相時有来

訓読

ぬばたまの黒髪変り白けても痛き恋には逢ふ時ありけり

かな読み

ぬばたまの|くろかみかはり|しらけても|いたきこひには|あふときありけり

カタカナ読み

ヌバタマノ|クロカミカハリ|シラケテモ|イタキコヒニハ|アフトキアリケリ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|KUROKAMIKAHARI|SHIRAKETEMO|ITAKIKOHINIHA|AFUTOKIARIKERI

ローマ字読み|小文字

nubatamano|kurokamikahari|shiraketemo|itakikohiniha|afutokiarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|恋情|送別|年齢|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
くろかみかはり[寛],
しらけても[寛],
いたきこひには[寛],
あふときありけり[寛],

巻数

第4巻

作者

沙弥満誓

タイトルとURLをコピーしました