万葉集725番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集725番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集725番について

歌番号

725番

原文

二寶鳥乃|潜池水|情有者|君尓吾戀|情示左祢

訓読

にほ鳥の潜く池水心あらば君に我が恋ふる心示さね

かな読み

にほどりの|かづくいけみづ|こころあらば|きみにあがこふる|こころしめさね

カタカナ読み

ニホドリノ|カヅクイケミヅ|ココロアラバ|キミニアガコフル|ココロシメサネ

ローマ字読み|大文字

NIHODORINO|KAZUKUIKEMIZU|KOKOROARABA|KIMINIAGAKOFURU|KOKOROSHIMESANE

ローマ字読み|小文字

nihodorino|kazukuikemizu|kokoroaraba|kiminiagakofuru|kokoroshimesane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|聖武天皇|動物|恋情|奈良

校異

特に無し

寛永版本

にほどりの,[寛]にほとりの,
かづくいけみづ,[寛]かつくいけみつ,
こころあらば,[寛]こころあらは,
きみにあがこふる,[寛]きみにわかこひ,
こころしめさね[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました