万葉集669番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集669番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集669番について

歌番号

669番

原文

足引之|山橘乃|色丹出<与>|語言継而|相事毛将有

訓読

あしひきの山橘の色に出でよ語らひ継ぎて逢ふこともあらむ

かな読み

あしひきの|やまたちばなの|いろにいでよ|かたらひつぎて|あふこともあらむ

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマタチバナノ|イロニイデヨ|カタラヒツギテ|アフコトモアラム

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMATACHIBANANO|IRONIIDEYO|KATARAHITSUGITE|AFUKOTOMOARAMU

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamatachibanano|ironiideyo|katarahitsugite|afukotomoaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|植物|序詞|尫柜蹋

校異

歌【西】謌|而->与【元】【類】【紀】

寛永版本

あしひきの[寛],
やまたちばなの,[寛]やまたちはなの,
いろにいでよ,[寛]いろにいてて,
かたらひつぎて,[寛]かたらひつきて,
あふこともあらむ[寛],

巻数

第4巻

作者

春日王

タイトルとURLをコピーしました