万葉集640番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集640番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集640番について

歌番号

640番

原文

波之家也思|不遠里乎|雲<居>尓也|戀管将居|月毛不經國

訓読

はしけやし間近き里を雲居にや恋ひつつ居らむ月も経なくに

かな読み

はしけやし|まちかきさとを|くもゐにや|こひつつをらむ|つきもへなくに

カタカナ読み

ハシケヤシ|マチカキサトヲ|クモヰニヤ|コヒツツヲラム|ツキモヘナクニ

ローマ字読み|大文字

HASHIKEYASHI|MACHIKAKISATO|KUMOINIYA|KOHITSUTSUORAMU|TSUKIMOHENAKUNI

ローマ字読み|小文字

hashikeyashi|machikakisato|kumoiniya|kohitsutsuoramu|tsukimohenakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|恋情|贈答

校異

歌【西】謌|井->居【元】【金】【紀】

寛永版本

はしけやし[寛],
まちかきさとを[寛],
くもゐにや[寛],
こひつつをらむ[寛],
つきもへなくに[寛],

巻数

第4巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました