万葉集541番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集541番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集541番について

歌番号

541番

原文

現世尓波|人事繁|来生尓毛|将相吾背子|今不有十方

訓読

この世には人言繁し来む世にも逢はむ我が背子今ならずとも

かな読み

このよには|ひとごとしげし|こむよにも|あはむわがせこ|いまならずとも

カタカナ読み

コノヨニハ|ヒトゴトシゲシ|コムヨニモ|アハムワガセコ|イマナラズトモ

ローマ字読み|大文字

KONOYONIHA|HITOGOTOSHIGESHI|KOMUYONIMO|AHAMUWAGASEKO|IMANARAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

konoyoniha|hitogotoshigeshi|komuyonimo|ahamuwagaseko|imanarazutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|今城王|尫柜蹋|贈答

校異

特に無し

寛永版本

このよには[寛],
ひとごとしげし,[寛]ひとことしけみ,
こむよにも[寛],
あはむわがせこ,[寛]あはむわかせこ,
いまならずとも,[寛]いまならすとも,

巻数

第4巻

作者

高田女王

タイトルとURLをコピーしました