万葉集520番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集520番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集520番について

歌番号

520番

原文

久堅乃|雨毛落<粳>|雨乍見|於君副而|此日令晩

訓読

ひさかたの雨も降らぬか雨障み君にたぐひてこの日暮らさむ

かな読み

ひさかたの|あめもふらぬか|あまつつみ|きみにたぐひて|このひくらさむ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメモフラヌカ|アマツツミ|キミニタグヒテ|コノヒクラサム

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMEMOFURANUKA|AMATSUTSUMI|KIMINITAGUHITE|KONOHIKURASAMU

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amemofuranuka|amatsutsumi|kiminitaguhite|konohikurasamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|追同|枕詞

校異

糠->粳【元】【類】【紀】

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめもふらぬか[寛],
あまつつみ[寛],
きみにたぐひて,[寛]きみにたくひて,
このひくらさむ[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴女郎

タイトルとURLをコピーしました