万葉集658番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集658番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集658番について

歌番号

658番

原文

雖念|知僧裳無跡|知物乎|奈何幾許|吾戀渡

訓読

思へども験もなしと知るものを何かここだく我が恋ひわたる

かな読み

おもへども|しるしもなしと|しるものを|なにかここだく|あがこひわたる

カタカナ読み

オモヘドモ|シルシモナシト|シルモノヲ|ナニカココダク|アガコヒワタル

ローマ字読み|大文字

OMOHEDOMO|SHIRUSHIMONASHITO|SHIRUMONO|NANIKAKOKODAKU|AGAKOHIWATARU

ローマ字読み|小文字

omohedomo|shirushimonashito|shirumono|nanikakokodaku|agakohiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おもへども,[寛]おもへとも,
しるしもなしと[寛],
しるものを[寛],
なにかここだく,[寛]なそかくはかり,
あがこひわたる,[寛]わかこひわたる,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました