万葉集564番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集564番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集564番について

歌番号

564番

原文

山菅<之>|實不成事乎|吾尓所依|言礼師君者|与孰可宿良牟

訓読

山菅の実ならぬことを我れに寄せ言はれし君は誰れとか寝らむ

かな読み

やますげの|みならぬことを|われによせ|いはれしきみは|たれとかぬらむ

カタカナ読み

ヤマスゲノ|ミナラヌコトヲ|ワレニヨセ|イハレシキミハ|タレトカヌラム

ローマ字読み|大文字

YAMASUGENO|MINARANUKOTO|WARENIYOSE|IHARESHIKIMIHA|TARETOKANURAMU

ローマ字読み|小文字

yamasugeno|minaranukoto|wareniyose|ihareshikimiha|taretokanuramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|戯笑|怨恨|植物|恋愛

校異

乃->之【桂】【類】【紀】

寛永版本

やますげの,[寛]やますけの,
みならぬことを[寛],
われによせ,[寛]われにより,
いはれしきみは[寛],
たれとかぬらむ[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました