万葉集777番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集777番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集777番について

歌番号

777番

原文

吾妹子之|屋戸乃籬乎|見尓徃者|盖従門|将返却可聞

訓読

我妹子がやどの籬を見に行かばけだし門より帰してむかも

かな読み

わぎもこが|やどのまがきを|みにゆかば|けだしかどより|かへしてむかも

カタカナ読み

ワギモコガ|ヤドノマガキヲ|ミニユカバ|ケダシカドヨリ|カヘシテムカモ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|YADONOMAGAKIO|MINIYUKABA|KEDASHIKADOYORI|KAHESHITEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|yadonomagakio|miniyukaba|kedashikadoyori|kaheshitemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|紀女郎|怨恨

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
やどのまがきを,[寛]やとのまかきを,
みにゆかば,[寛]みにゆかは,
けだしかどより,[寛]けたしかとより,
かへしてむかも,[寛]かへしてむかも,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました