万葉集641番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集641番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集641番について

歌番号

641番

原文

絶常云者|和備染責跡|焼大刀乃|隔付經事者|幸也吾君

訓読

絶ゆと言はばわびしみせむと焼大刀のへつかふことは幸くや我が君

かな読み

たゆといはば|わびしみせむと|やきたちの|へつかふことは|さきくやあがきみ

カタカナ読み

タユトイハバ|ワビシミセムト|ヤキタチノ|ヘツカフコトハ|サキクヤアガキミ

ローマ字読み|大文字

TAYUTOIHABA|WABISHIMISEMUTO|YAKITACHINO|HETSUKAFUKOTOHA|SAKIKUYAAGAKIMI

ローマ字読み|小文字

tayutoihaba|wabishimisemuto|yakitachino|hetsukafukotoha|sakikuyaagakimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|湯原王|怨恨|離別|枕詞

校異

和歌->歌【元】【金】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たゆといはば,[寛]たゆといへは,
わびしみせむと,[寛]わひしみせむと,
やきたちの[寛],
へつかふことは[寛],
さきくやあがきみ,[寛]よしやわかきみ,

巻数

第4巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました