万葉集680番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集680番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集680番について

歌番号

680番

原文

盖毛|人之中言|聞可毛|幾許雖待|君之不来益

訓読

けだしくも人の中言聞かせかもここだく待てど君が来まさぬ

かな読み

けだしくも|ひとのなかごと|きかせかも|ここだくまてど|きみがきまさぬ

カタカナ読み

ケダシクモ|ヒトノナカゴト|キカセカモ|ココダクマテド|キミガキマサヌ

ローマ字読み|大文字

KEDASHIKUMO|HITONONAKAGOTO|KIKASEKAMO|KOKODAKUMATEDO|KIMIGAKIMASANU

ローマ字読み|小文字

kedashikumo|hitononakagoto|kikasekamo|kokodakumatedo|kimigakimasanu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|交遊|怨恨|尫柜蹋

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

けだしくも,[寛]けたしくも,
ひとのなかごと,[寛]ひとのなかこと,
きかせかも,[寛]きけるかも,
ここだくまてど,[寛]ここたくまてと,
きみがきまさぬ,[寛]きみかきまさぬ,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました