万葉集768番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集768番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集768番について

歌番号

768番

原文

今所知|久邇乃京尓|妹二不相|久成|行而早見奈

訓読

今知らす久迩の都に妹に逢はず久しくなりぬ行きて早見な

かな読み

いましらす|くにのみやこに|いもにあはず|ひさしくなりぬ|ゆきてはやみな

カタカナ読み

イマシラス|クニノミヤコニ|イモニアハズ|ヒサシクナリヌ|ユキテハヤミナ

ローマ字読み|大文字

IMASHIRASU|KUNINOMIYAKONI|IMONIAHAZU|HISASHIKUNARINU|YUKITEHAYAMINA

ローマ字読み|小文字

imashirasu|kuninomiyakoni|imoniahazu|hisashikunarinu|yukitehayamina

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|久邇京|地名|贈答

校異

特に無し

寛永版本

いましらす,[寛]いまそしる,
くにのみやこに[寛],
いもにあはず,[寛]いもにあはす,
ひさしくなりぬ[寛],
ゆきてはやみな[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました