万葉集555番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集555番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集555番について

歌番号

555番

原文

為君|醸之待酒|安野尓|獨哉将飲|友無二思手

訓読

君がため醸みし待酒安の野にひとりや飲まむ友なしにして

かな読み

きみがため|かみしまちざけ|やすののに|ひとりやのまむ|ともなしにして

カタカナ読み

キミガタメ|カミシマチザケ|ヤスノノニ|ヒトリヤノマム|トモナシニシテ

ローマ字読み|大文字

KIMIGATAME|KAMISHIMACHIZAKE|YASUNONONI|HITORIYANOMAMU|TOMONASHINISHITE

ローマ字読み|小文字

kimigatame|kamishimachizake|yasunononi|hitoriyanomamu|tomonashinishite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|丹比縣守|餞別|送別|太宰府|福岡|地名

校異

太->大【桂】【元】【類】【紀】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

きみがため,[寛]きみかため,
かみしまちざけ,[寛]かみしまちさけ,
やすののに[寛],
ひとりやのまむ[寛],
ともなしにして[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました