万葉集667番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集667番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集667番について

歌番号

667番

原文

戀々而|相有物乎|月四有者|夜波隠良武|須臾羽蟻待

訓読

恋ひ恋ひて逢ひたるものを月しあれば夜は隠るらむしましはあり待て

かな読み

こひこひて|あひたるものを|つきしあれば|よはこもるらむ|しましはありまて

カタカナ読み

コヒコヒテ|アヒタルモノヲ|ツキシアレバ|ヨハコモルラム|シマシハアリマテ

ローマ字読み|大文字

KOHIKOHITE|AHITARUMONO|TSUKISHIAREBA|YOHAKOMORURAMU|SHIMASHIHAARIMATE

ローマ字読み|小文字

kohikohite|ahitarumono|tsukishiareba|yohakomoruramu|shimashihaarimate

左注|左註

右大伴坂上郎女之母石川内命婦与安<陪>朝臣蟲満之母安曇外命婦同居姉妹|同氣之親焉|縁此郎女蟲満相見不踈相談既密|聊作戯歌以為問答也

事項|分類・ジャンル

相聞|引翮留姤

校異

部->陪【元】【類】部【紀】【温】【矢】

寛永版本

こひこひて[寛],
あひたるものを[寛],
つきしあれば,[寛]つきしあれは,
よはこもるらむ[寛],
しましはありまて,[寛]しはしはありまて,

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました