万葉集598番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集598番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集598番について

歌番号

598番

原文

戀尓毛曽|人者死為|水<無>瀬河|下従吾痩|月日異

訓読

恋にもぞ人は死にする水無瀬川下ゆ我れ痩す月に日に異に

かな読み

こひにもぞ|ひとはしにする|みなせがは|したゆわれやす|つきにひにけに

カタカナ読み

コヒニモゾ|ヒトハシニスル|ミナセガハ|シタユワレヤス|ツキニヒニケニ

ローマ字読み|大文字

KOHINIMOZO|HITOHASHINISURU|MINASEGAHA|SHITAYUWAREYASU|TSUKINIHINIKENI

ローマ字読み|小文字

kohinimozo|hitohashinisuru|minasegaha|shitayuwareyasu|tsukinihinikeni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋病|恋情|贈答

校異

->無【桂】【元】【紀】

寛永版本

こひにもぞ,[寛]こひにもそ,
ひとはしにする[寛],
みなせがは,[寛]みなせかは,
したゆわれやす,[寛]したにわれやす,
つきにひにけに[寛],

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました