万葉集714番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集714番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集714番について

歌番号

714番

原文

情尓者|思渡跡|縁乎無三|外耳為而|嘆曽吾為

訓読

心には思ひわたれどよしをなみ外のみにして嘆きぞ我がする

かな読み

こころには|おもひわたれど|よしをなみ|よそのみにして|なげきぞわがする

カタカナ読み

ココロニハ|オモヒワタレド|ヨシヲナミ|ヨソノミニシテ|ナゲキゾワガスル

ローマ字読み|大文字

KOKORONIHA|OMOHIWATAREDO|YOSHIONAMI|YOSONOMINISHITE|NAGEKIZOWAGASURU

ローマ字読み|小文字

kokoroniha|omohiwataredo|yoshionami|yosonominishite|nagekizowagasuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

こころには[寛],
おもひわたれど,[寛]おもひわたれと,
よしをなみ[寛],
よそのみにして,[寛]よそにのみして,
なげきぞわがする,[寛]なけきそわかする,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました