万葉集743番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集743番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集743番について

歌番号

743番

原文

吾戀者|千引乃石乎|七許|頚二将繋母|神之諸伏

訓読

我が恋は千引の石を七ばかり首に懸けむも神のまにまに

かな読み

あがこひは|ちびきのいはを|ななばかり|くびにかけむも|かみのまにまに

カタカナ読み

アガコヒハ|チビキノイハヲ|ナナバカリ|クビニカケムモ|カミノマニマニ

ローマ字読み|大文字

AGAKOHIHA|CHIBIKINOIHAO|NANABAKARI|KUBINIKAKEMUMO|KAMINOMANIMANI

ローマ字読み|小文字

agakohiha|chibikinoihao|nanabakari|kubinikakemumo|kaminomanimani

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|比喩|贈答

校異

特に無し

寛永版本

あがこひは,[寛]わかこひは,
ちびきのいはを,[寛]ちひきのいしを,
ななばかり,[寛]ななはかり,
くびにかけむも,[寛]くひにかけても,
かみのまにまに,[寛]かみのもろふし,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました