万葉集518番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集518番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集518番について

歌番号

518番

原文

春日野之|山邊道乎|与曽理無|通之君我|不所見許呂香聞

訓読

春日野の山辺の道をよそりなく通ひし君が見えぬころかも

かな読み

かすがのの|やまへのみちを|よそりなく|かよひしきみが|みえぬころかも

カタカナ読み

カスガノノ|ヤマヘノミチヲ|ヨソリナク|カヨヒシキミガ|ミエヌコロカモ

ローマ字読み|大文字

KASUGANONO|YAMAHENOMICHIO|YOSORINAKU|KAYOHISHIKIMIGA|MIENUKOROKAMO

ローマ字読み|小文字

kasuganono|yamahenomichio|yosorinaku|kayohishikimiga|mienukorokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴安麻呂|地名|奈良

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|与【西(貼紙)】【元】於

寛永版本

かすがのの,[寛]かすかのの,
やまへのみちを[寛],
よそりなく[寛],
かよひしきみが,[寛]かよひしきみか,
みえぬころかも[寛],

巻数

第4巻

作者

石川郎女(邑婆)

タイトルとURLをコピーしました