万葉集740番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集740番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集740番について

歌番号

740番

原文

事耳乎|後毛相跡|懃|吾乎令憑而|不相可聞

訓読

言のみを後も逢はむとねもころに我れを頼めて逢はざらむかも

かな読み

ことのみを|のちもあはむと|ねもころに|われをたのめて|あはざらむかも

カタカナ読み

コトノミヲ|ノチモアハムト|ネモコロニ|ワレヲタノメテ|アハザラムカモ

ローマ字読み|大文字

KOTONOMIO|NOCHIMOAHAMUTO|NEMOKORONI|WAREOTANOMETE|AHAZARAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

kotonomio|nochimoahamuto|nemokoroni|wareotanomete|ahazaramukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|坂上大嬢|怨恨|贈答

校異

特に無し

寛永版本

ことのみを[寛],
のちもあはむと[寛],
ねもころに[寛],
われをたのめて[寛],
あはざらむかも,[寛]あへさらめかも,

巻数

第4巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました