万葉集706番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集706番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集706番について

歌番号

706番

原文

葉根蘰|今為妹者|無四呼|何妹其|幾許戀多類

訓読

はねかづら今する妹はなかりしをいづれの妹ぞここだ恋ひたる

かな読み

はねかづら|いまするいもは|なかりしを|いづれのいもぞ|ここだこひたる

カタカナ読み

ハネカヅラ|イマスルイモハ|ナカリシヲ|イヅレノイモゾ|ココダコヒタル

ローマ字読み|大文字

HANEKAZURA|IMASURUIMOHA|NAKARISHIO|IZURENOIMOZO|KOKODAKOHITARU

ローマ字読み|小文字

hanekazura|imasuruimoha|nakarishio|izurenoimozo|kokodakohitaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|掛醎合媿|贈答

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はねかづら,[寛]はねかつら,
いまするいもは[寛],
なかりしを[寛],
いづれのいもぞ,[寛]いかなるいもそ,
ここだこひたる,[寛]ここたこひたる,

巻数

第4巻

作者

童女

タイトルとURLをコピーしました