万葉集519番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集519番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集519番について

歌番号

519番

原文

雨障|常為公者|久堅乃|昨夜雨尓|将懲鴨

訓読

雨障み常する君はひさかたの昨夜の夜の雨に懲りにけむかも

かな読み

あまつつみ|つねするきみは|ひさかたの|きぞのよのあめに|こりにけむかも

カタカナ読み

アマツツミ|ツネスルキミハ|ヒサカタノ|キゾノヨノアメニ|コリニケムカモ

ローマ字読み|大文字

AMATSUTSUMI|TSUNESURUKIMIHA|HISAKATANO|KIZONOYONOAMENI|KORINIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

amatsutsumi|tsunesurukimiha|hisakatano|kizonoyonoameni|korinikemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|勧誘

校異

特に無し

寛永版本

あまつつみ,[寛]あまさはり,
つねするきみは[寛],
ひさかたの[寛],
きぞのよのあめに,[寛]よふへのあめに,
こりにけむかも[寛],

巻数

第4巻

作者

大伴女郎

タイトルとURLをコピーしました