万葉集628番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集628番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集628番について

歌番号

628番

原文

白髪生流|事者不念|<變>水者|鹿煮藻闕二毛|求而将行

訓読

白髪生ふることは思はず変若水はかにもかくにも求めて行かむ

かな読み

しらかおふる|ことはおもはず|をちみづは|かにもかくにも|もとめてゆかむ

カタカナ読み

シラカオフル|コトハオモハズ|ヲチミヅハ|カニモカクニモ|モトメテユカム

ローマ字読み|大文字

SHIRAKAOFURU|KOTOHAOMOHAZU|OCHIMIZUHA|KANIMOKAKUNIMO|MOTOMETEYUKAMU

ローマ字読み|小文字

shirakaofuru|kotohaomohazu|ochimizuha|kanimokakunimo|motometeyukamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|娘子|和歌

校異

歌【西】謌|戀->變【新訓】

寛永版本

しらかおふる[寛],
ことはおもはず,[寛]ことはおもはす,
をちみづは,[寛]なみたをは,
かにもかくにも[寛],
もとめてゆかむ,[寛]さためてゆかむ,

巻数

第4巻

作者

佐伯赤麻呂

タイトルとURLをコピーしました