万葉集710番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集710番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集710番について

歌番号

710番

原文

三空去|月之光二|直一目|相三師人<之>|夢西所見

訓読

み空行く月の光にただ一目相見し人の夢にし見ゆる

かな読み

みそらゆく|つきのひかりに|ただひとめ|あひみしひとの|いめにしみゆる

カタカナ読み

ミソラユク|ツキノヒカリニ|タダヒトメ|アヒミシヒトノ|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

MISORAYUKU|TSUKINOHIKARINI|TADAHITOME|AHIMISHIHITONO|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

misorayuku|tsukinohikarini|tadahitome|ahimishihitono|imenishimiyuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|夢

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->之【西(右書)】【元】【紀】【温】

寛永版本

みそらゆく[寛],
つきのひかりに[寛],
ただひとめ,[寛]たたひとめ,
あひみしひとの[寛],
いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,

巻数

第4巻

作者

安都扉娘子

タイトルとURLをコピーしました