万葉集675番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集675番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集675番について

歌番号

675番

原文

娘子部四|咲澤二生流|花勝見|都毛不知|戀裳摺可聞

訓読

をみなへし佐紀沢に生ふる花かつみかつても知らぬ恋もするかも

かな読み

をみなへし|さきさはにおふる|はなかつみ|かつてもしらぬ|こひもするかも

カタカナ読み

ヲミナヘシ|サキサハニオフル|ハナカツミ|カツテモシラヌ|コヒモスルカモ

ローマ字読み|大文字

OMINAHESHI|SAKISAHANIOFURU|HANAKATSUMI|KATSUTEMOSHIRANU|KOHIMOSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

ominaheshi|sakisahaniofuru|hanakatsumi|katsutemoshiranu|kohimosurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|恋情|植物|奈良|地名|序詞|贈答

校異

歌【西】謌|摺【桂】【類】(塙)揩|可【元】【類】【紀】香

寛永版本

をみなへし[寛],
さきさはにおふる,[寛]さくさはにおふる,
はなかつみ[寛],
かつてもしらぬ[寛],
こひもするかも[寛],

巻数

第4巻

作者

中臣女郎

タイトルとURLをコピーしました