万葉集699番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集699番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集699番について

歌番号

699番

原文

一瀬二波|千遍障良比|逝水之|後毛将相|今尓不有十方

訓読

一瀬には千たび障らひ行く水の後にも逢はむ今にあらずとも

かな読み

ひとせには|ちたびさはらひ|ゆくみづの|のちにもあはむ|いまにあらずとも

カタカナ読み

ヒトセニハ|チタビサハラヒ|ユクミヅノ|ノチニモアハム|イマニアラズトモ

ローマ字読み|大文字

HITOSENIHA|CHITABISAHARAHI|YUKUMIZUNO|NOCHINIMOAHAMU|IMANIARAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

hitoseniha|chitabisaharahi|yukumizuno|nochinimoahamu|imaniarazutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|序詞|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ひとせには[寛],
ちたびさはらひ,[寛]ちたひさはらひ,
ゆくみづの,[寛]ゆくみつの,
のちにもあはむ,[寛]のちもあはなむ,
いまにあらずとも,[寛]いまにあらすとも,

巻数

第4巻

作者

大伴像見

タイトルとURLをコピーしました