万葉集552番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集552番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集552番について

歌番号

552番

原文

吾君者|和氣乎波死常|念可毛|相夜不相<夜>|二走良武

訓読

我が君はわけをば死ねと思へかも逢ふ夜逢はぬ夜二走るらむ

かな読み

あがきみは|わけをばしねと|おもへかも|あふよあはぬよ|ふたはしるらむ

カタカナ読み

アガキミハ|ワケヲバシネト|オモヘカモ|アフヨアハヌヨ|フタハシルラム

ローマ字読み|大文字

AGAKIMIHA|WAKEOBASHINETO|OMOHEKAMO|AFUYOAHANUYO|FUTAHASHIRURAMU

ローマ字読み|小文字

agakimiha|wakeobashineto|omohekamo|afuyoahanuyo|futahashiruramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|怨恨|恋情

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|->夜【西(右書)】【桂】【元】

寛永版本

あがきみは,[寛]わかきみは,
わけをばしねと,[寛]わけをはしねと,
おもへかも[寛],
あふよあはぬよ[寛],
ふたはしるらむ,[寛]ふたゆくならむ,

巻数

第4巻

作者

大伴三依

タイトルとURLをコピーしました