万葉集730番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集730番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集730番について

歌番号

730番

原文

将相夜者|何時将有乎|何如為常香|彼夕相而|事之繁裳

訓読

逢はむ夜はいつもあらむを何すとかその宵逢ひて言の繁きも

かな読み

あはむよは|いつもあらむを|なにすとか|そのよひあひて|ことのしげきも

カタカナ読み

アハムヨハ|イツモアラムヲ|ナニストカ|ソノヨヒアヒテ|コトノシゲキモ

ローマ字読み|大文字

AHAMUYOHA|ITSUMOARAMUO|NANISUTOKA|SONOYOHIAHITE|KOTONOSHIGEKIMO

ローマ字読み|小文字

ahamuyoha|itsumoaramuo|nanisutoka|sonoyohiahite|kotonoshigekimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|尫柜蹋|贈答

校異

特に無し

寛永版本

あはむよは[寛],
いつもあらむを,[寛]いつしかあらむを,
なにすとか[寛],
そのよひあひて,[寛]かのよにあひて,
ことのしげきも,[寛]ことのしけきも,

巻数

第4巻

作者

坂上大嬢

タイトルとURLをコピーしました