万葉集569番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集569番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集569番について

歌番号

569番

原文

辛人之|衣染云|紫之|情尓染而|所念鴨

訓読

韓人の衣染むといふ紫の心に染みて思ほゆるかも

かな読み

からひとの|ころもそむといふ|むらさきの|こころにしみて|おもほゆるかも

カタカナ読み

カラヒトノ|コロモソムトイフ|ムラサキノ|ココロニシミテ|オモホユルカモ

ローマ字読み|大文字

KARAHITONO|KOROMOSOMUTOIFU|MURASAKINO|KOKORONISHIMITE|OMOHOYURUKAMO

ローマ字読み|小文字

karahitono|koromosomutoifu|murasakino|kokoronishimite|omohoyurukamo

左注|左註

右二首大典麻田連陽春

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|餞宴|恋情|送別|福岡|地名

校異

特に無し

寛永版本

からひとの,[寛]あらひとの,
ころもそむといふ[寛],
むらさきの[寛],
こころにしみて[寛],
おもほゆるかも[寛],

巻数

第4巻

作者

麻田陽春

タイトルとURLをコピーしました