万葉集604番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集604番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集604番について

歌番号

604番

原文

劔大刀|身尓取副常|夢見津|何如之恠曽毛|君尓相為

訓読

剣大刀身に取り添ふと夢に見つ何のさがぞも君に逢はむため

かな読み

つるぎたち|みにとりそふと|いめにみつ|なにのさがぞも|きみにあはむため

カタカナ読み

ツルギタチ|ミニトリソフト|イメニミツ|ナニノサガゾモ|キミニアハムタメ

ローマ字読み|大文字

TSURUGITACHI|MINITORISOFUTO|IMENIMITSU|NANINOSAGAZOMO|KIMINIAHAMUTAME

ローマ字読み|小文字

tsurugitachi|minitorisofuto|imenimitsu|naninosagazomo|kiminiahamutame

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴家持|夢|恋情|贈答

校異

特に無し

寛永版本

つるぎたち,[寛]つるきたち,
みにとりそふと[寛],
いめにみつ,[寛]ゆめにみつ,
なにのさがぞも,[寛]なにのさとしそも,
きみにあはむため[寛],

巻数

第4巻

作者

笠女郎

タイトルとURLをコピーしました