万葉集571番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集571番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集571番について

歌番号

571番

原文

月夜吉|河音清之|率此間|行毛不去毛|遊而将歸

訓読

月夜よし川の音清しいざここに行くも行かぬも遊びて行かむ

かな読み

つくよよし|かはのおときよし|いざここに|ゆくもゆかぬも|あそびてゆかむ

カタカナ読み

ツクヨヨシ|カハノオトキヨシ|イザココニ|ユクモユカヌモ|アソビテユカム

ローマ字読み|大文字

TSUKUYOYOSHI|KAHANOTOKIYOSHI|IZAKOKONI|YUKUMOYUKANUMO|ASOBITEYUKAMU

ローマ字読み|小文字

tsukuyoyoshi|kahanotokiyoshi|izakokoni|yukumoyukanumo|asobiteyukamu

左注|左註

右一首防人佑大伴四綱

事項|分類・ジャンル

相聞|大伴旅人|餞宴|送別|福岡|地名

校異

特に無し

寛永版本

つくよよし,[寛]つきよよし,
かはのおときよし,[寛]かはをときよし,
いざここに,[寛]いさここに,
ゆくもゆかぬも,[寛]ゆくもとまるも,
あそびてゆかむ,[寛]あそひてゆかむ,

巻数

第4巻

作者

大伴四綱

タイトルとURLをコピーしました