万葉集673番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集673番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集673番について

歌番号

673番

原文

真十鏡|磨師心乎|縦者|後尓雖云|驗将在八方

訓読

まそ鏡磨ぎし心をゆるしてば後に言ふとも験あらめやも

かな読み

まそかがみ|とぎしこころを|ゆるしてば|のちにいふとも|しるしあらめやも

カタカナ読み

マソカガミ|トギシココロヲ|ユルシテバ|ノチニイフトモ|シルシアラメヤモ

ローマ字読み|大文字

MASOKAGAMI|TOGISHIKOKORO|YURUSHITEBA|NOCHINIIFUTOMO|SHIRUSHIARAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

masokagami|togishikokoro|yurushiteba|nochiniifutomo|shirushiarameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|枕詞|後悔

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

まそかがみ,[寛]まそかかみ,
とぎしこころを,[寛]ときしこころを,
ゆるしてば,[寛]ゆるしては,
のちにいふとも[寛],
しるしあらめやも[寛],

巻数

第4巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました