万葉集566番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集566番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集566番について

歌番号

566番

原文

草枕|羈行君乎|愛見|副而曽来四|鹿乃濱邊乎

訓読

草枕旅行く君を愛しみたぐひてぞ来し志賀の浜辺を

かな読み

くさまくら|たびゆくきみを|うるはしみ|たぐひてぞこし|しかのはまべを

カタカナ読み

クサマクラ|タビユクキミヲ|ウルハシミ|タグヒテゾコシ|シカノハマベヲ

ローマ字読み|大文字

KUSAMAKURA|TABIYUKUKIMIO|URUHASHIMI|TAGUHITEZOKOSHI|SHIKANOHAMABEO

ローマ字読み|小文字

kusamakura|tabiyukukimio|uruhashimi|taguhitezokoshi|shikanohamabeo

左注|左註

右一首大監大伴宿祢百代|以前天平二年庚午夏六月|帥大伴卿忽生瘡脚疾苦枕席|因此馳驛上奏|望請庶弟稲公姪胡麻呂欲語遺言者|勅右兵庫助大伴宿祢稲公治部少<丞>大伴宿祢胡麻呂兩人|給驛發遣令省卿病|而逕數<旬>幸得平復|于時稲公等以病既療|發府上京|於是大監大伴宿祢百代少典山口忌寸若麻呂及卿男家持等相送驛使|共到夷守驛家|聊飲悲別乃作此歌

事項|分類・ジャンル

相聞|送別|羈旅|恋情|枕詞|贈答

校異

太->大【桂】【元】【類】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

くさまくら[寛],
たびゆくきみを,[寛]たひゆくきみを,
うるはしみ,[寛]うつくしみ,
たぐひてぞこし,[寛]たくひてそこし,
しかのはまべを,[寛]しかのはまへを,

巻数

第4巻

作者

大伴百代

タイトルとURLをコピーしました