万葉集489番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集489番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集489番について

歌番号

489番

原文

風乎太尓|戀流波乏之|風小谷|将来登時待者|何香将嘆

訓読

風をだに恋ふるは羨し風をだに来むとし待たば何か嘆かむ

かな読み

かぜをだに|こふるはともし|かぜをだに|こむとしまたば|なにかなげかむ

カタカナ読み

カゼヲダニ|コフルハトモシ|カゼヲダニ|コムトシマタバ|ナニカナゲカム

ローマ字読み|大文字

KAZEODANI|KOFURUHATOMOSHI|KAZEODANI|KOMUTOSHIMATABA|NANIKANAGEKAMU

ローマ字読み|小文字

kazeodani|kofuruhatomoshi|kazeodani|komutoshimataba|nanikanagekamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

相聞|額田王|天智|待攦

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かぜをだに,[寛]かせをたに,
こふるはともし[寛],
かぜをだに,[寛]かせをたに,
こむとしまたば,[寛]こむとしまたは,
なにかなげかむ,[寛]いかかなけかむ,

巻数

第4巻

作者

鏡王女

タイトルとURLをコピーしました